これからCADを導入しようとしている方必見!利点を知って可能性を広げよう!


業務効率化が実現できる!

手書きの製図を基本にしているが、CADを導入して日々の製図業務を楽にしたいという方もいるのではないでしょうか。CADを導入する最大の利点の一つが、色々な形で業務効率化が計れるという点があります。手書きの製図に比べ間違ったときの修正が楽であったり、以前利用したデータの再利用ができたりと大幅に時間が短縮できます。また、職場内での製図データの共有等がとても楽です。前に使った図面もPCで共有しておけば無くすこともありませんし、PC内なら保管の場所も取りません。作業そのものだけでなく、管理の時間も短縮できるため、大幅な業務効率化も実現可能です。

ケースによって使い分けできる!

また、CADには二次元・三次元タイプがあるのでケースによって使い分けができるという点も大きな利点の一つです。一般的な二次元の図面の他に、クライアントにイメージしてもらいやすいように三次元の図面を提出したいというケースも多々あります。そんなときに三次元CADを用いて図面作成すれば分かりやすいですし、色を付けて大事な部分を明確にする等の工夫もできます。

図面にムラがでることを防げる!

手書きの図面作成では習熟度によるでき映えのムラはもちろん、文字や数字の書き方等の違いもでてきます。そうした書く人によるクセ等のムラを防げるのも、CADの利点といえるでしょう。外部の人に見せる際はもちろん、社内での知識共有という意味でも、図面の汎用性を高めるということは有益になります。そのような意味でも時間の短縮、業務効率化という点につながっていきます。

電気CADは製図後に検図をしてくれます。設計者が間違った設計をしていないかどうかをソフトが自動判断してくれるのです。