車の免許が欲しい!車の免許の種類や取得方法などについて

車の免許の種類っていくつある?

ひとことで車の免許と言っても、多くの種類があります。まず、車の大きさによって主に4つに分けられます。1つ目は一般的な自動車や軽自動車が運転できる「普通自動車免許」です。2つ目が車両の総重量が3.5トン以上7.5トン未満で、荷物が積める最大積載量が2トン以上4.5トン未満の車が運転できる「準中型免許」。3つ目が車両総重量7.5トン以上11トン未満、最大積載量が4.5トン以上6.5トン未満の車が運転できる「中型免許」で、4つ目が中型以上の車が運転できる「大型免許」です。また、普通と中型、大型免許には一種免許と2種免許があります。1種免許は日本国内の公道を運転するための免許で、2種免許はタクシーやバスなど営利目的で乗客を乗せて運転するために必要な免許です。

車の免許の取得方法について

車の免許の取得方法は主に自動車教習所へ行くか、試験場へ行って一発試験に合格するかの2つです。一発試験は教習所へ支払う費用がかかりませんが、独学ですべてを学ぶ必要があります。特に初めて車の免許を取得する人は、試験に合格する確率はかなり低くなるでしょう。自動車教習所に行って免許を取得する場合、教習所へ通う方法と合宿に参加して取得する方法があります。

合宿免許のメリット・デメリット

合宿免許のメリットは、通学よりも低価格で免許が取得できることです。時期やプランなどによって異なりますが、通学と合宿では最大で10万円の差があることもあります。また、合宿免許では短期で集中して学ぶので、各教習の合格率も上がります。デメリットは、合宿期間中は家に帰れないことです。普通自動車免許の場合は、約2週間かかります。仕事をしている人は、まとまった休日を取らなければなりません。

指定の宿泊施設に滞在し、集中して教習を受ける合宿免許なら、最短14日程度で免許を取得することができます。