知っていますか?消泡剤~その効果と選び方~

消泡剤とはいったい何か?

簡単に言うと、消泡剤とは、液体内に泡ができてしまわないように防いだり、若しくはすでに液体内にできてしまった泡を取り除く目的で添加される添加物のことを指します。基本的に食品や化粧品、洗剤などの製造過程で使用されます。
消泡剤には主に3種類のタイプが存在し、一つが「オイルタイプ」、もう一つが「活性剤タイプ」、そして最後に「エマルションタイプ」と言います。

一つ目は鉱物油などに消泡成分を加えたものです。表面に発生した泡を素早く取り除くことが出来、これを「破泡」と言い、この能力に長けています。2つ目は界面活性剤の一種であり、主に洗剤などに多く使用されます。少量で高い消泡効果を発揮する半面、高価且つ添加量の取り扱いに厳密な管理が必要であったりと、扱いが難しいと言えます。そして3つ目はアルコールやエステル等の消泡剤成分を水に乳化分散させたもので、被消泡液への分散性に優れている反面、貯蔵条件が厳しいという欠点があります。

消泡剤を使用する際の選び方とは?

一般的にはオイルタイプが破泡性、活性剤タイプが抑泡性、エマルジョンタイプが脱気性に優れていますが、それぞれを単体で消泡しようとするよりも、異なるタイプの消泡剤を併用して使用したり、他の特徴も併せ持つ消泡剤を使用するほうが良い結果を得られます。そのうえで添加する対象の温度や消泡剤以外に使用する薬品などを確認し、それらに対して耐性を持った消泡剤を使用することが最も良い結果を得ることが出来ます。

消泡剤とは、液体に泡ができるのを防いだり、発生した泡を消したりするために添加する薬剤です。豆腐をはじめとする食品や化粧品、胃腸の中のガスを除去する医薬品などにも使われています。